1. HOME
    2. バンク一般開放利用規約
  • エビチャリとは、エブリバディ・エブリデイ自転車の略です!
    ここでは、施設の使用方法やみなさんが安全に楽しく走行するためのルールなど注意していただきたいことを記載しました。内容をよくお読みの上、ご参加ください。

  • 利用について
    ①営業日、営業時間について
    • ・火~土 13:30~16:00(月曜定休)日曜 10:00~16:00(検車場解放は30分前より)
    • ・走行技術によって利用できる時間帯(クラス)が異なります。
    • ・雨天時は利用できませんが室内ローラーは利用できます。
    • ・競輪の開催日や施設のメンテナンス等により休業日は変動します。
    • ・毎月の活動予定日については松阪けいりんホームページでお知らせをします。
    ②クラス分けと時間区分の考え

    ●初めて来られた方は、まず安全講習を受講していただきます。

    ●バンク内側のスペースは、クラス分け関係なくロードバイク、ピストバイク以外の一般自転車での走行は可能です。

    • ・初心者クラス…誰でも利用可能
    • ・中級者クラス…中級者以上の認定を受けた方のみが利用可能
    ■ 中級クラス認定テスト

    中級クラスの枠内で週1程度、中級クラス認定テストの時間を設けます。(不定期)

    テスト内容(例)

    • ・高速で縦走、並走いずれの集団走行も安全に出来る。
    • ・イエローラインよりも外側を問題なく走行できる。 など
    ■ 時間区分
    • ✔️初心者優先時間

      基本的にはフリー走行、周回練習のみとします。
      中級者以上も走行可能ですが、初心者に配慮した走行を心がけてください。バンクに慣れていない人もいる為、高速で走行していなくても内外線内を走行することもあります。
      バンクの走行は原則としてロードバイクとピストバイクのみとします。バンクの内側はそれ以外の一般的な自転車(ママチャリ、ストライダーなど)での走行も可能です。

    • ✔️中級者優先時間

      ※ロードバイク、ピストバイクのみ参加利用可能。
      (バンク内側のスペースはロードバイク、ピストバイク以外・中級認定を受けていない方も走行可能)

      フリー走行、周回に加え、以下のことも可能です。

      • ・希望者はタイム計測可能(スタッフや他の参加者が計測できる場合)。
      • ・競走形態の練習が可能
      • ※これらをやるときはお互いに声を掛け合って、譲り合うことを心がけてください。
        ※内線とイエローラインの間は高速走行優先し、低速の人は、退避路あるいはイエローラインの上部走行を原則としてください。
    • ✔️ピスト走行時間

      ピストバイクのみ参加可能。
      (バンク内側のスペースはピストバイク以外・中級認定を受けていない方も走行可能)

    • ✔️競輪選手優先時間

      基本的には、中級者クラスと同じですが、ピスト自転車のみの時間とし、競輪選手が練習する際は、選手の指示に従って走路を空けてください。

    • ✔️競輪選手専用時間

      競輪選手とその許可を得た人のみ参加可能。

    • ✔️サイクルクラブ

      月2回(年間24回)実施する、松阪サイクルクラブの時間です。

    ③利用料、保険料について
    ■参加料金表

    一般開放(1日有効)※保険料込

    大人 1000円
    高校生 800円
    中学生以下 500円

    自転車貸出…1000円(ヘルメット含む)

    サイクルクラブ(月2回、年24回)※保険料込 年会費

    大人 10000円
    高校生 8000円
    中学生以下 5000円
    • ※小学生以下は保護者の同伴が必要です。
    • ※同伴者、見学者は無料です。
    • ※サイクルクラブ年会費の会計年度は4月1日から3月31日とします。10月1日~3月31日の期間に入会を希望される方は、初年度の年会費が下記の半額となります。
  • 施設の案内 他
    ①受付について
    • ・活動開始前に必ず受付をしてください。受付場所はスポーツ振興研修センター入り口となります。
    ②専用駐車場について
    • ・参加者の駐車場は松阪競輪場「南2」駐車場(施設図左)の利用をお願いします。選手会事務所前等への駐車はできません。
    • ・自転車積み降ろしの際はスポーツ振興研修センター裏の通路(施設図①)をご利用いただけます。(利用は練習開始時間の30分前~)
    ③更衣室について
    • ・当回次回選手控室のスペース(施設図②)を使用してください。
    • 男性更衣室…次回控室
    • 女性更衣室…当回控室
    ④自転車整備場所(待機、集合場所)について
    • ・検車場のスペースを使用してください。
    ⑤トイレについて
    • 男性…選手控室、検車場1階のトイレをご利用ください。
    • 女性…2階トイレをご利用ください。
  • 松阪競輪場施設概要

  • 自転車のメンテナンス、練習中のマナー・ルールについて
    ①機材チェックについて
    • ・ご自身でお持ちになった自転車、装備類は走行前に点検、確認をしてください。(表1参照)
    • ・走行に必要ないもの(ボトル、サドルバッグ等)は外してください。
    • ・走行中に落下する恐れのあるものは身に着けないでください。
    • ・特に初めてバンクを走る方、初心者の方は、スタッフによる点検を必ず受けてください。
    • ※事務局には空気入れ、六角レンチ等の基本的な工具、簡易の救急箱がございます。
    ②準備運動について
    • ・慣れない競走路での走行は緊張状態も相まって体が硬くなりやすいです。走行前の入念なストレッチと、休憩中のストレッチを推薦します。
    ③バンク(競走路)への入場について
    • ・バンクに入る際は、必ず「一旦立ち止まり左右を確認」をしてください。
    • ・バンクは「反時計回り」です。入場の際は左側をよく確認の上、入場してください。
    • ・確認の際は、競走路ぎりぎりではなく「一歩下がったところ」で安全確認をしてください。自転車が外周を走っている場合があります。
    • ・入場の際は靴底の砂を落としてから入場してください。
    • ・クリートのままバンクを歩くのは禁止です。バンクが傷ついてしまいますので、自転車に乗って入場するか、サンダル・スニーカーなどに履き替えて入場してください。
    • ・バンク内は「自転車が優先」です。
    ④走行中の注意について
    • ・バンクでの走行時は、ヘルメット、手袋、シューズ(運動靴)を必ず装着してください。
    • ・バンクは「反時計回り」です。逆走は大変危険なので注意してください。
    • ・周回中のブレーキは「原則禁止」です。
    • ・急ブレーキ、急な進路変更、蛇行走行は厳禁です。(危機回避時以外)
    • ・前走者との車間は十分にあけてください。
    • ・前走者を抜くときには必ず「右側」から「抜きます!」と声を掛けて抜いてください。
    • ・集団走行中は周りとペースを合わせてください。ペースが速い、休憩をしたいと感じたら無理をせず「抜けます!」と声をかけ離脱してください。集団に入る時、出る時が一番危険です。
    ⑤練習に関して
    • ・自転車は普段乗っていると忘れがちですが、落車をすれば大怪我や命に関わることもあります。そのことを念頭に置き無理せず練習をしましょう。
    • ・走行中はご自身が疲れていることに気づかない方もいらっしゃいます。少しでもキツイと感じたら無理をせず、休憩と水分補給をしっかりおこなってください。
    • ・スタッフの指示には必ず従ってください。本規約に記載のない事項でもスタッフが指示をする場合があります。スタッフの指示は安全を考慮した指示となりますので、しっかりと聞いて行動してください。
  • ロードバイク・ピストバイクの走行時の注意事項
    ①ロードレーサーでバンクを走る際の注意事項
    • ・低速でバンクに入らない。
      =ペダルが走路に当たりスリップダウンする恐れがあります。
    • ・脚を止めない
      =ペダルが走路に当たり、機動力が低下状態となりスリップダウンする恐れがあります。
      =急に減速するのではないかと追走している人が驚いてしまい、集団走行時には自転車同士の接触に繋がります。
      =トラックレーサーに乗った時に癖で止めてしまい落車の原因となってしまいます。
    ■ 表1
    部品名項目内容
    前輪ハブがたタイヤを持って左右に振り、がたが無いか
    締めタイヤはしっかり固定されているか
    後輪ハブがたタイヤを持って左右に振り、がたが無いか
    締めタイヤはしっかり固定されているか
    前輪タイヤ空気圧所定の空気圧があるか(適正空気圧はタイヤに記載)
    磨耗タイヤの消耗、コードはでてないか
    異物異物が刺さってないか
    後輪タイヤ空気圧所定の空気圧があるか(8~9気圧)
    磨耗タイヤの消耗、コードはでてないか
    異物異物が刺さってないか
    前輪スポーク張力所定のテンションで張っているか
    後輪スポーク張力所定のテンションで張っているか
    ヘッドセットがた前輪ブレーキをかけ、ハンドルで前後に揺すり確認
    底ブラケットがたクランクを持って左右に押し引きしがたが無いか
    ハンドル締めステムにしっかり固定されているか上荷重をかけ確認
    フレーム変形へこみがないか確認
    チェーン潤滑音鳴り、抵抗は無いか
    ペダル回転手で回して軽く回るか
    がた左右に振りがたは無いか
    各部ねじ締めナットなどが緩んでないか
    ビンディング締めシューズとクリートはしっかり固定されているか