1. HOME
    2. 次節展望
  • 8月31日開催分
    レース展望
    • 山原さくら
      104期
      高 知
      L 1
    • 太田美穂
      112期
      三 重
      L 1
    • 下岡優季
      105期
      愛 知
      A 1
    • 市橋司優人
      103期
      福 岡
      A 1
    実力派、新人がスピード勝負

    松阪バンクでガールズの競宴・ガールズの格付けがL級となって松阪では初のガールズケイリンは112期生もデビューして着実にレベルアップしている。今シリーズ注目は地元太田美穂と鈴木美教の新人2名が集めるか。太田は師匠(萩原操)のもと、松阪バンクで練習に励む。デビュー前の目標選手、山原さくらにいよいよ挑む。7月奈良では完全Vを達成と好調。鈴木も在校5位の逸材。デビュー戦千葉で完全Vと幸先の良いスタート。
     山原さくら、荒牧聖未がこの新人の前に立ちはだかる。山原はGコレクション、GGPでも活躍の脚力で若手を撃破か。荒牧の捲りも強烈。ガールズ1期生の貫禄と実力で山原と好勝負を展開。田中まい、大谷杏奈も混戦となれば一発の魅力。

    A級1・2班戦
     実力拮抗の対決となったA級1・2班戦。誰にもチャンスがありそうな上位陣の顔ぶれとなった。機動型では下岡優季が松阪バンクで結果を残しており、地元地区の意地を見せるか。恵まれた体格と、天性のバネを活かしたスピード溢れる仕掛けで主導権を奪っていきそう。同県鳥越靖弘が番手を守りたい所だが、近況の戦歴はやや低迷。前期S級の北村篤が下岡の番手となるケースも。北村は降級初戦の奈良準決で落車失格のアクシデントで波に乗り切れずA級戦をスタートしたが実績は上位。中部勢の奮起に期待したい。小林卓人、渡辺航平の近畿マーク陣は近畿の機動型が手薄すで中近結束も十分。
     先行力を駆使して戦う滝本泰行の存在も忘れてはならない。阿部功、村上清隆が滝本とタッグを組んでV争いへ。
     戦力的には九州勢が断然リード。先陣を務めるのは市橋司優人。7月大宮、富山と連続Vを達成。下岡と力勝負を見せてくれそう。別所英幸、渡辺満と福岡三車が九州勢の中心となる。飯塚隼人と坂本晃輝の佐賀コンビはさすがに五車での結束は厳しい。飯塚が自力で九州別線の場面もある。坂本の差脚は強烈。降級初戦の広島では楠木孝志郎を差し切りV。中村健志も加わる九州勢は強力。