1. HOME
    2. 次節展望
  • 12月21日開催分
    レース展望
    • 梅川風子
      112期
      東 京
      L 1
    • 林真奈美
      110期
      福 岡
      L 1
    • 倉野隆太郎
      91期
      愛 知
      A 1
    • 黒川茂高
      97期
      滋 賀
      A 1
    梅川風子 VS 林真奈美の力勝負

     今年の最終戦となる松阪競輪はガールズ。年末GGP組の参加は無いが新鋭、ベテランの実力派が集結。今期フル優参、V2、準V4と抜群の成績を誇るのは林真奈美。同門先輩に小林優香、児玉碧衣とガールズ最強の両者がいるだけに、恵まれた練習環境は林を成長させる。得意の捲りでV奪取へ。
     梅川風子が林と力勝負を展開。梅川は対照的に先行一本の走りで挑む。9月弥彦では林を相手に逃げ切り写判勝ちでV。共に次世代のスター候補として負けられない戦いとなる。
     加瀬加奈子のパワーは健在。近況は捲りを多様するスタイルに変化しているが、まだまだガールズ先駆者のプライドでV争いへ。安定感ある細田愛未や、自在戦で結果を残す山本知佳も混戦で浮上可能。

    A級展望
     地元倉野隆太郎が、故郷の松阪に帰っての初戦。愛知に転籍して久しいが、倉野は松阪バンクで競輪選手としてスタートした。師匠(片岡浩也・引退)の下、S級にも駆け上がりG㈵出場の実績もある。その倉野がシリーズの主役出場。年令的には中堅で現在は戦法にも幅が出て来た。多彩な攻めを使い分けて臨む。竹田和幸、今藤康裕の岐阜コンビが倉野を盛り立てる。
     近畿勢も戦力充実のメンバーとなった。中でも黒川茂高の機動力はA級最強の存在。近況は力任せの先行策から、捲り兼備の柔軟な攻めに変貌。もちろん圧倒的な先行力も健在。52才の大ベテラン大井啓世や武田哲二、内山貴裕と好マーカーが揃い黒川の魅力を引き出す近畿ラインは強力。
     西遠征勢も実力派揃い。西田将士と原田礼の九州コンビ。原田は今期は降級初戦Vのみで結果を残せてないものの、目標さえ掴めばV争いは互角。若手瓜生崇智も急成長で九州勢を戦力アップしていく。木村幸希を先頭に桜井太士、土井勲高田健一と役者揃いの中四国勢も争覇圏内。