第5回ウィナーズカップ

レース情報

第5回目を迎えるウィナーズカップ、今年は松阪での開催。S級S班7名を中心に若手有望株を加えて注目の激闘が繰り広げられる。近況の勢いで勝るのは南関勢。GP覇者として今年はチャンピオンユニフォームをまとう和田健太郎、当大会初代王者の郡司浩平を軸にヤングGPを制した松井宏佑、新たに南関の仲間となる深谷知広、本格化した岩本俊介と充実の布陣。前年覇者は松浦悠士。屈指の安定感で確実に優勝争いへ参戦。清水裕友とのタッグは抜群の実績を誇り、昨年の再現を狙う。今年は記念連覇で好スタートを切った平原康多。貫禄の立ち回りは相変わらずの存在感。吉田拓矢、諸橋愛らと関東で結束。佐藤慎太郎、守澤太志の北日本S班コンビを強力に牽引するのは新山響平の先行力。地元で期待を背負う浅井康太が気迫の攻めを見せる。実力はS班と双璧は誰もが認める所。ルーキー山口拳矢との連係にも注目。古性優作、稲川翔、東口善朋の近畿勢や一撃十分の山田英明、北津留翼の九州両者までトップクラスの激戦は熾烈を極める。

地元選手

  • 地元の期待を背負って

    浅井 康太
    三重・90期

    飽くなき探究心で常に進化を求める中部地区のリーダー。地元のビッグレースで多くの期待を集める。各地区から強力な敵が集うも意地の走りを見せる。

  • 格上相手にパワー全開

    伊藤 裕貴
    三重・100期

    強敵相手に地元の意地走。ウエイトトレーニングで体をひと回り大きくパワーアップに成功。スピードの乗りも手応えある近況は活躍が期待出来る。

記者注目選手

  • 南関を引っ張るエース

    郡司 浩平
    神奈川・99期

    昨年の競輪祭で悲願のGⅠタイトルを獲得。破壊力抜群の仕掛けは凄みを増して競輪界を代表する選手へ成長。初代王者で思い入れある大会で躍動する。

  • 王者の走りを披露する

    和田 健太郎
    千葉・87期

    初出場となったグランプリで鮮やかな強襲劇。一気に頂点へ登り詰めた。今年は王者としての責任を背負う。常に結果を求められる立場で更なる活躍を。

  • 中四国勢の飛躍を支え

    清水 裕友
    山口・105期

    3年連続でS班の座に君臨。昨年は初のGⅠタイトルを手にして名実共にトップスターとして定着。松浦悠との連係は鉄壁で現在のゴールデンコンビ。

  • 随一の総合力で連覇へ

    松浦 悠士
    広島・98期

    グレードレースで常に優勝争いを演じる総合力と安定感は最上級。清水裕との結束力を見せ付け昨年の当大会制覇。今年も優勝争いの中心は間違いない。

  • 貫禄の攻めと立ち回り

    平原 康多
    埼玉・87期

    先行から追込み、捌きまでハイレベルでこなす屈指のオールラウンダー。展開に左右されない総合力はさすがの存在感。関東勢をまとめて確実に好勝負。

  • 大舞台でも結果を求める

    寺崎 浩平
    福井・117期

    初の早期卒業で注目を集め、期待に応える活躍で飛躍。更にワンランク上へ、大舞台でも結果を求める。

昨年のグランプリ出場選手が6名参加で再戦ムード。グランプリ3連覇の偉業を達成したのは児玉碧衣。絶対女王の座に君臨するスピードでレースを支配へ。児玉に負けない勝率の高木真備が対抗格。パワーアップした走りで昨年末のリベンジを狙う。グランプリ2着の梅川風子はナショナルチーム入りして能力開花へ。仕掛けのタイミング次第で逆転も。クレバーな攻めを見せる石井貴子の上位進出は見逃せない。鈴木美教、佐藤水菜は総力戦で。グランプリ組に挑むのは坂口楓華。

有力選手情報

  • 絶対女王が貫禄の走り

    児玉 碧衣
    福岡・108期

    ガールズグランプリ三連覇の偉業を達成して、絶対女王に到達。「今年もGGPに出たいし賞金上積みに大切なレース。本番迄にやる事やって仕上げる」

  • 覚醒した走りで魅了

    高木 真備
    東京・106期

    今年は持久力にトップスピードが強化されて、全てにおいてレベルアップに成功した印象。二月名古屋準決勝で上り11・3秒のガールズ日本新記録を樹立。

  • 松阪競輪公式ページ
  • 松阪競輪公式ページ
  • 松阪競輪公式ページ
  • 松阪競輪公式ページ

松阪競輪

松阪競輪場
〒515-0078 三重県松阪市春日町3-1
   TEL:0598-23-6111

Copyright  2021 MATSUSAKA KEIRIN All Rights Reserved.