1. HOME
    2. 次節展望
  • 2月19日開催分
    レース展望
    • 利根正明
      97期
      大 分
      A 1
    • 高木和仁
      76期
      福 岡
      A 1
    • 紀井孝之
      96期
      岡 山
      A 1
    • 中井勇介
      100期
      大 阪
      A 1
    機動力でリードするのは利根!

     中部・近畿・中四国・九州の4ブロックからA級レーサーが集結。今シリーズは実力拮抗の対決とあってV争いは横一戦。機動型の状態がカギとなるが、パワーと安定感では利根正明が一歩リード。コンスタントに優参を決めている。前期S級の高木和仁が番手で利根をガードしていく。高木はS級でも勝星を飾った差脚で利根とV争いへ。
     中部勢の軸は村上卓茂。降級初戦の岐阜では準V。さすがの立ち廻りと差脚で貫禄を示した。北村篤、小西誠也とマーク陣は揃うも先頭を務める機動型は山崎晃を頼るしかない。メンバー次第では村上が自ら展開を斬り開いていくか。
     中井勇介も今期はA級での戦い。昨年10月小松での落車で長期欠場。A級初戦の別府は予選スタートも決勝進出とさすがのスピードを見せた。中川博文、澤田光浩の福井コンビが中井を盛り立てる。二人共に大ベテランのマーカーだが、戦歴はA級上位を維持している。中井の仕掛けに乗って追込む場面も可能。
     中四国勢も戦力充実。紀井孝之、高津晃治の岡山コンビと郡英治が結束する中国トリオは強力。紀井は戦歴以上のパワーを秘める。利根、中井の同型の動きを封じるか。上田学、坂田章の四国両者もレーステクニックはA級最上位。V争いの一角を崩すシーンも。