1. HOME
    2. 次節展望
  • 1月11日開催分
    レース展望
    • 松浦悠士
      98期
      広 島
      S 1
    • 近藤隆司
      90期
      千 葉
      S 1
    • 鈴木庸之
      92期
      新 潟
      S 1
    • 小嶋敬二
      74期
      石 川
      S 1
    近藤隆、松浦悠と強豪が参戦

     新春第一弾の松阪競輪は強豪揃いのF㈵開催。新年のスタートに相応しいS級上位レーサーが顔を揃えて三日間の熱戦を展開する。
     南関最強の機動型と言っても過言でない近藤隆司。競輪祭では惜しくも準決勝4着で優参を逃がしたが、一予選で三谷竜生相手に圧巻の捲りを決めたスピードは今シリーズ屈指の存在。同県鈴木裕や五十嵐力、加藤圭一の神奈川コンビと南関勢は役者揃い。加えて新人松井宏佑もS級に特進決めての参戦。最大勢力の南関勢が別線を粉砕するか。
     鈴木庸之も好調キープ。競輪祭一予選を連勝してダイヤモンドレース進出を決めた。稲村成浩、高橋大作とベテランマーク陣が鈴木を盛り立てていきそう。北日本からは佐藤友和、飯野祐太と自力ある両者が参加する。混戦となれば共に捲りで台頭の一車。
     自在脚を駆使していくのは松浦悠士。西遠征勢の中心として戦う。地区に強力先行型が不在だけに松浦の多彩な戦い方に注目が集まりそう。捲りはもち論、位置取りからの差脚もトップレベル。渡部哲男、湊聖二の四国両者が松浦と結束からV争いを展開しそう。
     小嶋敬二が11月豊橋でV達成。年令を感じさせない圧力ある走りは健在。坂上樹大が援護する。窓場千加頼、鷲田佳史の近畿勢も混戦を待って一撃も可能。

    【注目選手】
    輪界屈指のスピード発揮
    近藤隆司 90期 千葉

     捲りのスペシャリストの印象強い近藤だが、逃げてもパワーは申し分無い。GシリーズでもV争いを展開する機動力はシリーズ最強。
     近藤のイメージは外見的にはスリムな印象もあるが、鍛え抜かれた鋼の様な筋肉の持ち主。抜群のスピードとパワーは強靭な上半身から繰り出される。身技体が合いまった走りは圧巻の走りで一着を量産する。豪快な仕掛けで別線を撃破するに違いない。

    世界も狙えるニューヒーロー
    松井宏佑 113期 神奈川

     次世代のヒーローとして成長続ける松井。デビュー10場所でS級に到達。1・2班戦は3場所でクリアして同期でS級一番乗りを決めた。生活の拠点を伊豆に移して、ナショナルチームの一員としての練習が着実に松井を成長させている。
     チャレンジ2場所目に松阪ミッドナイトで当所は走っている。S級となって松井が再来場。スピードスケートの世界から競輪界に転身してスター街道爆進中。

    【A級展望】
    降級組の若手、ベテランの競宴

     A級戦は新旧の対決となった。今期A級降級したベテランの中には30年ぶりにA級での戦いとなる金田健一郎もいる。今シリーズ近畿勢の中心としてV争いを展開。同郷酒井拳蔵と目標はしっかりしている。酒井は前期S級でも勝ち星飾った本格先行。大先輩金田と豪快に仕掛けそう。伊原弘幸、渡辺航平と近畿ラインには実力者のマーク陣が揃った。
     対する中部ラインも知名度ある選手のオンパレード。先頭を務める泉谷元樹は徹底先行型。番手も疋田敏と信頼置ける先輩。疋田を連れて泉谷が別線の動きを封じるか。有賀高士も今期はA級戦で。愛知コンビと結束から直線勝負で台頭も可能。降級組三車を中心に中部勢もV争いを互角に展開。
     林慶次郎がパワーアップした先行力を見せている。高比良豪、坂本晃輝、山口幸太郎と援軍も多く林が豪快に逃げ切るシーンもありそう。濱口健二、林成人の四国両者も今期からはA級での戦いとなる。ベテラン降級組が多いが若手も揃い力と技の競宴へ。