400バンクの中で日本一きついカントが迫力あるレースを演出


選手にも好評のくせのないマッコーネル緩和曲線を使用し、最大カントは、34度25分29秒・ホーム直線43m(4コーナーからゴールまでの距離)と、傾斜がきつめのバンクに仕上がっています。各タイプの選手が脚力を十分に発揮でき、現在のスピードケイリンの醍醐味をよりエキサイティングに観戦できます。松阪競輪の400mバンクに繰りひろげる好レースにご期待ください。

周長 400m
ホーム見なし直線 61.5m
最高カント 34゜25´29″
ホーム幅員 10.9m
バック幅員 9.0m
センター幅員 7.7m
決まり手 1着 逃げ17% 捲り26% 差し57%
2着 逃げ15% 捲り14% 差し34% マーク37%

 動画でバンクを見てみよう